CCNP Data Center認定保有者、300-180試験概要、300-180練習問題、300-180問題集

CCNP Data Center認定保有者は、ポリシー駆動型インフラストラクチャ、仮想化、自動化およびオーケストレーション、ユニファイド コンピューティング、データセンター セキュリティ、クラウドの統合などの技術を活用する専門知識を持つ、複雑なデータセンター環境における重要な役割を果たすことができます。
642-998 DCUCD 試験および 642-996 DCUFD 試験は 300-180 DCIT 試験に変更されています。
CCNP Data Center認定300-180試験に合格すると、ITの専門知識に強いとあなたは良い仕事のために修飾することができることを証明しています。
Passexamは当面の市場で皆さんが一番信頼できるサイトです。
PassexamのCCNP Data Center認定300-180問題集を使用すると、知識と経験を得るのに役立ち、試験に合格することができます。
もし、300-180試験に準備するときに良いツールを使えば、多くの時間を節約することができるだけでなく、楽にCCNP Data Center認定300-180試験に合格する保障を手にすることもできます。
弊社のCCNP Data Center認定300-180練習問題はよくアップデートするので、的中率の高くなります。

300-180試験概要:

「Troubleshooting Cisco Data Center Infrastructure」試験 (300-180 DCIT) は、制限時間 90 分、出題数 60 ~ 70 問、試験言語 英語、試験登録 Pearson VUEのCCNP Data Center認定に関連する試験です。
データセンター インフラストラクチャに取り組む IT プロフェッショナルには、ユニファイド コンピューティングとユニファイド ファブリックの双方を含め、テクノロジー、スキル、製品についての知識をさらに幅広く習得することが、ますます必要になっています。更新された試験ドメインのカテゴリは、Cisco CCNP? Data Center、CCIE? Data Center および他のシスコ認定に沿ったものになっています。

DCIT 試験の比較:

削除(または移動)された主要トピック:
Cisco UCS B シリーズおよび C シリーズ サーバの製品個別のトピックが削除されました。たとえば、データセンター コンピューティング プラットフォームのトラブルシューティングは、製品別のトピックを削除して 1つのドメインにまとめられました。

追加または変更された主要トピック:
データセンター ユニファイド ファブリックとユニファイド コンピューティングのトラブルシューティングのトピックが 1つの試験に統合されました(両方のスキルを兼ね備えることがデータセンター IT プロフェッショナルに求められていることを反映)
ルーティング プロトコルのトラブルシューティングが追加されました
仮想スイッチ テクノロジーのトラブルシューティングが追加されました
アプリケーション セントリック インフラストラクチャが追加されました
データセンターの LAN および SAN のセキュリティとコンピューティング セキュリティのトラブルシューティングが追加されました

弊社のCCNP Data Center認定300-180勉強材料を使用していることを安心することができます。
弊社のCCNP Data Center認定300-180問題集を使用すると、貴重な時間を節約するだけでなく、試験に参加するために使いやすさで感じさせます。
弊社のCCNP Data Center認定300-180参考書を使用すると、試験合格に役立つために全力を尽くすことを約束し、1年間の無料更新版を提供します。
真実なCCNP Data Center認定300-180試験資料を提供することに力を尽くしています。
CCNP Data Center認定300-180無料サンプルをご参照ください。

1. Topic 1, Questions Set 1
A customer is trying to boot an operating system that is installed on the eUSB on a Cisco UCS B-Series
blade server; however, the boot fails.
What is the cause of this failure?
A. The local disk must be the first device in the boot order.
B. eUSB is not a supported boot device.
C. eUSB support is available only on the Cisco UCS C-Series rack server.
D. eUSB is not the first device in the boot order for the server.
Answer: D

2.A customer is troubleshooting degraded DIMM errors on a Cisco UCS blade server and would like to
reset the BMC.
What is the correct command sequence to reset the BMC?
A. UCS1-A# server x/y
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc # reset
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
B. UCS1-A# server scope
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc # reset
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
C. UCS1-A# scope server x/y
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc # reset
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
D. UCS1-A# scope server x/y
UCS1-A /chassis/server # scope bmc
UCS1-A /chassis/server/bmc* # commit-buffer
Answer: C

3.Which commands can you enter to see if a component in the Cisco UCS domain generated a core file?
A. 6100-A# scope monitoring
6100-A /monitoring # scope sysdebug
6100-A /monitoring/sysdebug # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
———- ———
B. 6100-A# scope sysdebug
6100-A /sysdebug # scope monitoring
6100-A /sysdebug/monitoring # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
———- ———
C. 6100-A# scope system
6100-A /system # scope monitoring
6100-A /system/monitoring # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
———- ———
D. 6100-A# scope cores
6100-A /cores # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
———- ———
E. 6100-A# scope logging
6100-A /logging # scope monitoring
6100-A /logging/monitoring # show cores
Core Files:
Name Fabric ID
———- ———
Answer: A

4.Which four tech support files can you create with the Cisco UCS Manager that you can submit to Cisco
TAC for support? (Choose four.)
A. UCSM
B. disk LUNs
C. fabric extender
D. memory
E. rack server
F. chassis
G. server cache
Answer: A, C, E, F